「Android 13」最初のベータ版リリース

June Wan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2022年04月27日 14時01分

 Googleが米国時間4月26日、開発者による2カ月間のテストを経て、「Android 13」の最初のベータ版「Beta 1」をリリースした。ベータ版となり、開発者だけでなくアーリーアダプターユーザー向けにアクセスを拡大したとしている。開発者アカウントの有無に関わらず、対応する「Pixel」デバイス(Pixel 4以降)でソフトウェアをダウンロードし、機能を試すことができる。正式版は2022年後半にリリースされる予定だ。

Android 13
提供:Google

 開発者向けプレビューでは多くの機能が導入された。Bluetooth LEオーディオ、USB経由でMIDI 2.0ハードウェアを接続する機能への対応、新しい通知権限、アプリごとの言語設定、テーマ別のアプリアイコン、アプリがアクセス可能な画像を選択するフォトピッカーなどだ。Beta 1ではさらなる機能が追加されている。同社は、5月11〜12日に実施する開発者会議「Google I/O 2022」で詳細を明らかにするとしている。プライバシーやセキュリティ関連の新機能、開発者の生産性、全体的なデザインの変更などについて説明されるとみられる。

 Beta 1にはこれまでに発表された機能のほか、少数の新機能が導入されている。まず、メディアファイルアクセスの権限がより細かく設定できるようになった。アプリが画像、ビデオ、オーディオファイルにアクセスする権限を1度にまとめてではなく、個別に要求する形になった。ユーザーは共有するデータをよりきめ細かく管理できる。

Apps must now request access to media files by category.
提供:Google

 アプリ開発については、KeystoreとKeyMintで、より詳細かつ正確な方法でエラーインジケーターを提供するようになった。このほか、オーディオルーティングが改善されている。

 Android 13 Beta 1は26日より、以下のPixelデバイスにダウンロードできる

  • Pixel 4
  • Pixel 4XL
  • Pixel 4a
  • Pixel 4a(5G)
  • Pixel 5
  • Pixel 5a
  • Pixel 6
  • Pixel 6 Pro

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]