「iPhone」のフルスクリーン化は2024年以降--著名アナリストのクオ氏予想

Mary King (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2022年04月21日 12時48分

 Appleが将来の「iPhone」にフルスクリーンディスプレイを搭載し、「Face ID」とフロントカメラをディスプレイの下に埋め込むことを計画だと、Appleについて信頼性の高い情報を提供してきたアナリストのMing-Chi Kuo氏が予測した。ただし、これが実現するのは2024年以降で、対象はハイエンドモデルになるだろうと、Kuo氏は米国時間4月20日にツイートした。この技術が「iPhone 15 Pro」に搭載されるとのうわさもあるが、これとは異なる見解を示した形だ。

iPhone 13 Pro
iPhone 13 Pro
提供:James Martin/CNET

 次世代モデルとうわさされている「iPhone 14 Pro」では、フロントカメラなどが格納されているディスプレイノッチが廃止され、ホール+ピル型かパンチホール型のデザインにカメラを収めるとの憶測も出回っているが、Kuo氏の予測はそんな中で浮上したものだ。

 ディスプレイの下にカメラが埋め込まれれば、Appleにとって初めてのこととなる。近年では、サムスンの「Galaxy Z Fold3 5G」やZTEの「Axon 20 5G」など、一部のスマートフォンがすでにこの機能を搭載している。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]