WikiLeaks創設者のアサンジ被告、英裁判所が米への身柄引き渡し命じる

Katie Collins (CNET News) 翻訳校正: 編集部2022年04月21日 10時54分

 米国への身柄引き渡しを逃れようと法廷闘争を続けていたWikiLeaks創設者のJulian Assange被告に、さらなる一撃が振り落とされた。英裁判所が英国時間4月20日、身柄引き渡しを命じた。被告は米国に移送され、裁判が行われることになる可能性がある。

Julian Assange is currently fighting extradition to the US.
提供:Getty Images

 Assange被告はスパイ容疑で米国から指名手配されており、イラクとアフガニスタンでの戦争に関する機密情報を暴露する目的で米軍のデータベースのハッキングを企てたとして、18件の罪状で起訴されている。有罪が確定すれば、175年の懲役刑を言い渡される可能性があるが、米国政府は4〜6年程度の懲役刑になる可能性が高いとしている。

 英高等法院は2021年12月、米国の刑務所制度の下でAssange被告の精神状態などが懸念されることから、身柄引き渡しを認めないとしていた一審判決を覆した。

 Assange被告はビデオリンク方式で出廷したという。同氏はPriti Patel英内務大臣に異議を申し立てることができる。

 Amnesty InternationalのAgnes Callamard事務総長は20日の裁定について、Assange被告を危険にさらすものであり、報道の自由を脅かすことになる恐れもあるとして非難した。「Assange氏は、そもそも起訴されるべきではなかった」とCallamard氏は述べた。「米当局が今から事態を改善し、起訴を取り下げても遅すぎることはない」(Callamard氏)

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]