ソニー、バッテリ内蔵リアスピーカー--サウンドバーと組み合わせ、設置自由に

加納恵 (編集部)2022年04月15日 12時37分

 ソニーは4月15日、サウンドバー「HT-A7000」と組み合わせられるリアスピーカー「SA-RS5」を発表した。バッテリー内蔵で自由度の高いレイアウトに対応する。発売は5月21日。想定税込価格は7万5000円前後になる。

「SA-RS5」
「SA-RS5」

 SA-RS5は、イネーブルドスピーカーを搭載し、天井の反射を利用し臨場感を高めることで、立体的な音場形成が可能。フロントにはトゥイーターとウーファー、両サイドにはパッシブラジエーターを備える。

 バッテリーはフル充電で最大10時間の再生ができ、10分の充電で最大90分使用可能な急速充電にも対応。リアスピーカーを移動して設置した場合でも、本体天面にあるオプティマイズボタンを押すと音場の最適化が可能だ。

 SA-RS5をサウンドバーHT-A7000に組み合わせ、さらに「アコースティックセンターシンク」対応のソニーのテレビ「ブラビア」に接続すれば、360立体音響の再生も実現。アコースティックセンターシンクによりサウンドバーだけでなくテレビのスピーカーもセンタースピーカーとして駆動する。サイズは高さ250mm×幅145mm×奥行き134mmで、重量約2.4kgになる。

 あわせて、サウンドバー「HT-S400」(発売:5月21日、想定税込価格:4万2000円前後)も発表した。260Wハイパワーアンプを搭載したサウンドバーと160mmスピーカーユニットを搭載したワイヤレスサブウーファーによる組み合わせで、臨場感あふれるサラウンドサウンドを実現。

「HT-S400」
「HT-S400」

 スピーカーユニットを、従来の52mm×90mmの楕円形から、52mm×100mmに大きくしたほか、コーンのエッジ部分には特殊なパターンの溝である「セパレーテッドノッチエッジ」を施すことで、音の歪みを抑え、迫力の音と、セリフの聞き取りやすさを向上している。

 バースピーカーは高さ64mm×幅900mm×奥行き88mmで、重量約2.4kg。サブウーファーは高さ387mm×幅192mm×奥行き400mmで、重量約7.3kgになる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]