ソフトバンク、「Lenovo 300e Chromebook Gen3」セルラーモデルを独占販売

藤代格 (編集部)2022年04月14日 11時00分

 ソフトバンクとレノボ・ジャパンは4月14日、「Lenovo 300e Chromebook Gen3」のセルラーモデルを独占販売すると発表した。4月15日から予約を受け付け、4月22日に発売する。

Lenovo 300e Chromebook Gen3のセルラーモデルを独占販売する
Lenovo 300e Chromebook Gen3のセルラーモデルを独占販売する
(左から)ソフトバンク 常務執行役員 菅野圭吾氏、レノボ・ジャパン 代表取締役社長 David Bennett氏
(左から)ソフトバンク 常務執行役員 菅野圭吾氏、レノボ・ジャパン 代表取締役社長 David Bennett氏

 データ料金のプランは、月額基本料(税込)5280円の「データ通信専用50GB」プラン、1408円で「5年おトク割(データ通信)」を適用すると990円になる「データ通信専用3GB」プラン、別途契約するスマートフォンとデータを分け合う、1078円の「データシェア」プランの3つを用意する。

3つのプラン
3つのプラン

 データ通信専用3GBは、1時間110円、24時間550円など「時間制ギガ無制限」オプションも選べる。

データ通信専用3GBはオプションを用意
データ通信専用3GBはオプションを用意

 Lenovo 300e Chromebook Gen3の端末本体の販売予定価格は、ソフトバンク直営店の場合、5万7680円(税込)。ソフトバンクのスマホと新規、乗り換え、もしくは機種変更で同時に購入した場合、本体価格を割り引くプランも用意するという。

セット購入のイメージ
セット購入のイメージ

Google製品を販売してきた知見を生かす

 発表に合わせて実施した取材で、ソフトバンク 常務執行役員を務める菅野圭吾氏は、Lenovo 300e Chromebook Gen3のセルラーモデルを投入した背景として、GIGAスクール構想の進展状況を紹介。公立小中学校の96.1%でPCの「1人1台」環境が整いつつあるとともに、OSの採用率は「Chrome OS」が43.8%でトップシェアになっているという。

PCの導入状況
PCの導入状況

 一方、PCの持ち帰りという観点では、51%の学校が準備中、23%が未実施および準備しておらず、約7割がPCを学校に置いて帰る状態にあると指摘。今回の製品投入は、家でもChrome OSを使える環境の提供という狙いがあるようだ。

PCの持ち帰り状況
PCの持ち帰り状況

 菅野氏は、「(Chromebookは)Googleアカウントでログインして使うため、1台あれば家族で共有できる。セルラーモデルのため外で使えるし、Wi-Fiだけのアクセスで賄えないところもカバーできる。『Google Pixel』の日本市場への投入や、約2000人の『Google Pixelプロダクトスペシャリスト』による店頭でのサポートなどで得られた(ソフトバンクのGoogle製品販売における)知識、ノウハウを活用し、Chromebookの販売にチャレンジしたい」と語った。

ソフトバンクによる販売でPCに「常時接続性」を

 レノボ・ジャパンで代表取締役社長を務めるDavid Bennett氏は、「あらゆるサービスがクラウドにつながっており、PCにも常時接続性が必要な時代になった」と説明。有線LAN、無線LANとPCの接続方法が変わってきた中で、使い勝手やセキュリティ、携帯性などを例に挙げ、常時接続性のメリットを解説した。

 反面、法人向けノートPC市場は、「LTEや5G搭載のPCを導入しても、SIMを挿して使ってる人は半分しかいない」(Bennett氏)という課題があると指摘。「PCの中でも常時接続を前提に作られているChromebookをソフトバンクから提供し、これからのライフスタイル、ワークスタイルを変えていく」(Bennett氏)と、セルラーモデルを提供する背景を説明した。

SIM対応PCの導入と活用のギャップ
SIM対応PCの導入と活用のギャップ
Lenovo 300e Chromebook Gen3の特徴
Lenovo 300e Chromebook Gen3の特徴

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]