Meta、ロシアの侵攻とともにサイバー攻撃が急増と報告

Queenie Wong (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2022年04月08日 11時43分

 「Facebook」を運営するMeta Platformsは、ロシアによるウクライナ侵攻以降、インターネットの自由や情報へのアクセスに対する攻撃が「急増している」ことを明らかにした。1~3月には、国内に向けられた脅威も増加しており、自国内で他人のアカウントをハッキングしたり、偽情報のキャンペーンを展開したり、批判する者を黙らせるために虚偽の報告をしたりするなどの行為が見られたという。

FacebookとMetaのロゴ
提供:James Martin/CNET

 Metaは米国時間4月7日に公開した四半期ごとの報告書の中で、こうしたサイバーセキュリティ上の脅威について説明した。同社の国際問題担当プレジデントNick Clegg氏は記者会見で、Metaはロシア政府系メディアのプロパガンダや、影響力拡大を狙ったキャンペーン、サイバースパイの問題に取り組んでいると述べた。

 Clegg氏は6日、「われわれは現在、ロシア政府のページから発信される誤情報やデマに対処するための追加措置を積極的に検討している」と述べていた。Metaはこれらの措置について具体的な内容は明らかにせず、その潜在的な影響の把握に努めている段階だと述べた。

 ロシアとウクライナの戦争は、ソーシャルメディア各社に難題を突きつけている。Metaがロシアの政府系メディアから発信されるコンテンツを見つけにくくする措置を取ったことを受けて、ロシアはFacebookおよび写真・動画共有サービス「Instagram」へのアクセスを遮断した。また、ロシアの侵略者らに対する暴力的な内容の投稿を一時的に許可するとしたMetaに対し、ロシア連邦捜査委員会は刑事捜査に着手している。

 同社はまた、ウクライナ侵攻の直前、ロシアおよびベラルーシの政府が関与するアクターによる、世論操作のための行動が増加したと述べた。報告書によると、標的となったのはウクライナの通信業界、ウクライナや各国の防衛およびエネルギー部門、テクノロジープラットフォームのほか、ウクライナ、ロシア、その他の地域のジャーナリストや活動家だという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]