FCCL、世界最軽量約599gのモバイルPC「FMV LOOX」

 富士通クライアントコンピューティング(FCCL)は3月29日、FUJITSU PC 40th Anniversary企画第3弾として、モバイルPC「FMV LOOX」を6月中旬より順次発売すると発表した。市場想定価格は16万4800円(税別)~。


 FMV LOOXは、米国ラスベガスで開催されたCES 2022において、「CES Innovation Awards 2022」を受賞した、2in1デタッチャブル型のノートPC。


 世界最軽量約599g、世界最薄7.2mmを実現。堅牢性とデザイン性を兼ね備えた高強度アルミを採用し、フル切削ユニボディによって「薄軽」と「剛性」を両立する形状となっている。

 また、一体成形によって、継ぎ目のないデザインを採用。タッチ用センサーフィルムを極限まで薄くし、薄型タッチパネルには強化処理が施されている。加えて、メインボードも、小型化・効率化しているという。

 ワコムの次世代Active ESペン技術による「Wacom Linear Pen」を世界初採用しており、「書く」ことに特化したワコム製メモ用アプリケーション「Wacom Notes」をプリインストールするのも特徴。


 USB Type-Cケーブルひとつで、PCの拡張性が飛躍的に向上する「クリエイティブコネクト」機能も搭載する。

 クリエイティブコネクト機能には、メインPCにキーボードやマウスが接続されていれば、FMV LOOXを接続するだけで接続相手のマウス・キーボードをFMV LOOXで利用できる「デュアルPCモード」を搭載。

2022年のFMV LOOXのコンセプト
2022年のFMV LOOXのコンセプト

 この他にも、セカンドディスプレイとして利用できるようになる「セカンドディスプレイモード」、ペンタブレットとして利用できるようになる「ペンタブレットモード」が利用可能。

 搭載するディスプレイは、13.3型ワイドの大画面有機ELディスプレイ(応答速度:1ms)。音圧アップにより音量感を向上させたスピーカー「Quad Box Speaker」や、同社のキーボードマイスターである藤川英之氏が監修したフルサイズキーボードなどを搭載する。

 さらに、5G通信対応モデル(WEB MART限定)を用意するほか、Tileの探し物トラッカー「Tile」機能を搭載している。


 また、国内PCメーカー初の本格的なサブスクリプションサービス「FMV Prime」の提供も開始する。FMV Primeでは、PC本体にMy Cloudプレミアム、ワイド保証、ワンポイントレッスンの各サービスをプラスしたエントリープランを提供。加えて、同社既存サービス(オンライン英会話、囲碁ネット対局、オンライン麻雀)をプラスして選択できる。

 料金プランは、3年プランと5年プランの2種を用意。月々の支払いに対しキャッシュバック特典なども用意する。


 現在の対応機種は、現行の「AH」シリーズのWindows 11搭載モデルのみ。例えば、3年プランの「LIFEBOOK WA2/F3 Officeなし」では、月額税込4980円(総額税込17万9280円)となる。

 この他、FUJITSU PC 40th Anniversary企画第1弾としてクラウドファンディングを実施した「FMV Mobile Keyboard」を6月中旬より順次販売。さらに、27型の大画面と高音質のスピーカーを備えた4K液晶一体型デスクトップPC「WF-X/G1」をWEB限定モデルとして4月中旬に発売する予定。


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]