アップル、「iPhone SE」に低炭素アルミニウム使用へ

David Lumb (CNET News) 翻訳校正: 編集部2022年03月28日 09時26分

 Appleが、環境保護に向けた最新の取り組みを明らかにした。「iPhone SE」の新モデルに、より持続可能な方法で製造された金属を採用するとしている。

Apple's planned .7 billion Green Bond project invests in renewable initiatives.
提供:Kevin Heinz/CNET

 Appleはさまざまな再生可能イニシアチブに投資しており、2030年までにサプライチェーン全体でカーボンニュートラルを達成するという目標に向け、計47億ドル(約5700億円)のグリーンボンドを発行している。この投資は、低炭素製造技術とリサイクル技術の開発の活発化を後押ししたという。このような取り組みの一環として、Appleはダイレクトカーボンフリーアルミニウムを購入し、iPhone SEにこの素材を使用するとしている。このアルミニウムは、製錬工程で炭素を直接排出せず、研究室以外の場で初めて工業規模で製造されるものだという。

 このアルミニウムがすべてのiPhone SEで採用されるのかどうかは明らかにされていない。

 Appleはプレスリリースの中で、同社のグリーンボンドで賄われた多数のプロジェクトを挙げている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]