アップル、A13チップ搭載27型モニター「Studio Display」--19万9800円から

David Katzmaier (CNET News) 翻訳校正: 編集部2022年03月09日 09時53分

 Appleは米国時間3月8日の「Peek performance」イベントで、新たな「M1 Ultra」チップを搭載する新型デスクトップコンピューター「Mac Studio」とともに、27インチの新型モニター「Studio Display」を発表した。価格は1599ドル(日本では税込19万9800円)から。

Mac StudioとStudio Display
Mac StudioとStudio Display
提供:Apple

 Appleによると、このモニターは「究極のスタジオ体験」の一環だ。アルミニウム製で枠は細く、ほぼ全面がスクリーンのデザインとなっている。備え付けのスタンドは最大30度まで傾けることが可能で、これに加えて高さも調整できるスタンドがオプションで提供されている。このモニターは、5K解像度(1470万ピクセル)で、輝度は600ニト。反射抑制機能を強化した「Nano-textureガラス」を選択すると、価格は300ドル(日本では4万3000円)高くなる。

 このモニターの特徴は、カメラとマイクアレイを備え、「A13 Bionic」チップを内蔵する点だ。12メガピクセルの超広角カメラと、Appleいわく卓越したオーディオ品質を備え、空間オーディオにも対応する6つのスピーカーが装備されている。カメラは、室内を動き回る人物を中心に捉え続ける「センターフレーム」機能にも対応する。マイクを通した「Hey, Siri」の音声コマンドにも対応している。

 接続は、96Wの充電が可能なMac接続用のThunderbolt 3(USB-C)ポート1つと、USB-Cポート3つで構成されている。

 Studio Displayは現在予約注文が可能で、3月18日に発売予定。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]