MS、3Dオーディオマップアプリ「Soundscape」の日本語版--周辺情報を3D音声で読み上げ

飯塚 直 藤代格 (編集部)2022年02月16日 13時58分

 日本マイクロソフトは2月16日、3Dオーディオマップアプリ「Microsoft Soundscape」の日本語版の提供を開始したと発表した。3Dオーディオ技術を使って移動を支援し、街歩きを楽しめるという。

キャプション

 Soundscapeでは、スマートフォンのGPS機能、位置センサー、アクティビティセンサーから認識した周辺にあるポイントや道路、交差点などの情報を、3Dの音声で読み上げることが可能。現在いる場所や方向、近くに何があるのかを、いつでも音声で確認できる。

 よく行く場所や気になる場所、曲がり角などをマーカーとして保存したり、目的地として設定したりも可能。目的地を設定すると、その方向からの音声で目的地までの距離を読み上げるため、正しく安心して目的地に近づくことができるという。

 複数の目的地を中間地点として設定すれば、ルートを作成可能。音声を頼りにルートをたどれるという。保存したマーカーや作成したルートは、他のユーザーと共有でき、その場所に行けず、操作が難しいユーザーの代わりにマーカーやルートを作成して、その人の移動を支援するといった使い方もできる。

 「Street Preview」機能を使えば、離れた場所からその場所への道のりや交差点の状況を音声で把握できる。目的地までの地図を事前に思い描くことができるという。

 また、Soundscapeで読み上げる場所は、みんなで作る地図「OpenStreetMap」の情報を利用する。アカウントを登録すれば、誰でも地図に新しい店舗情報や道路などの詳しい情報を加えられるとしている。


 有線と無線どちらのヘッドホンでも利用できるが、頭の向きを認識できる機能を搭載するソニーのワイヤレスヘッドホン「LinkBuds」を活用すれば、街歩きの際にスマートフォンを手に持たず、目的地からの音声を認識することができる。また、耳をふさがない同機の特徴を生かし、周囲の音を自然に聞きながら目的地方向からの音声や周囲にある建物や交差点などの情報が音声で得られるという。

キャプション

 Soundscapeは、App Storeからダウンロード可能で、「iPhone」で活用できる。日本語版のほか、米国、英国、オーストラリア、カナダ、スウェーデン、フランス、ブラジル、イタリア、アイルランドでも利用可能。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]