デジタルツインで社会課題解決に挑むNTT Com--「CNET Japan Live 2022」で2月25日登壇

 CNET Japanは、大規模オンラインカンファレンス「CNET Japan Live 2022 社内外の『知の結集』で生み出すイノベーション」を、2月21日~3月4日の2週間(平日9日間・全18講演)にわたり開催する。会場はZoomウェビナー。事前登録制で参加費は無料だ。

 ニューノーマル時代となり、私たちにとって当たり前だった常識が覆され、様々な業界でゲームチェンジが起きている今、企業にはこれまで以上に早いスピードでの意思決定や事業開発が求められるようになっている。このような状況もあり、年々勢いを増しているのが、1社ではなく複数社の知見や技術を掛け合わせる「オープンイノベーション」や、社内のあらゆる部署から知恵を募る「社内ビジネスコンテスト」だ。こうした社内外の“知の結集“でイノベーションを生み出そうとしている挑戦者たちを紹介する。

 2月25日(15:00~15:40)には、NTTコミュニケーションズ イノベーションセンター・ビジネスデザイナーのテ・ナイントン氏が「デジタルツインで社会課題解決に挑む『日本版スマートソサエティ構想』〜サイレントマジョリティを『民意』として可視化〜」と題して登壇する。

 NTT Comでは、デジタルツインコンピューティング技術によって民意(ユーザーの行動と声)を可視化し、2030年の社会課題をビジネスで解決する、産官学連携「日本版スマートソサエティプロジェクト」に取り組んでいる。現在は、経済損出と社会意義の大きい「気象災害」をユースケースに、避難前後の行動を可視化、行動変化を促す仕組みなどを検討している。今回のウェビナーを機に「SDGsやCreating Shared Value(CSV)」 の実現を新規事業のテーマに取り組んでいる事業者とともに、社会課題に向けたソリューション検討や実装などを進めていきたいという。

キャプション
2021年に実施した「デジタル防災訓練」の模様

 同日のモデレーターはCNET Japan編集長の藤井涼が務める。また、後半には視聴者から質問を募るQ&Aの時間も設ける予定だ。

 >>カンファレンスの詳細やお申し込みはこちら

仮想空間における行動シミュレーション-- NTT Comに聞く「デジタル防災訓練」フィジビリティスタディの手応え

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]