「Galaxy S22」ファーストインプレッション--前モデルからの変更点は

Patrick Holland (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2022年02月10日 12時04分

 サムスンは米国時間2月9日にオンラインで開催した「Galaxy Unpacked」イベントで、スマートフォンの新製品3機種「Galaxy S22」「Galaxy S22+」「Galaxy S22 Ultra」およびタブレット「Galaxy Tab S8」シリーズを発表した。

Galaxy S22
S22とS22+のデザインはS21シリーズとほぼ変わらない
提供:Richard Peterson/CNET

 新しいGalaxy S22シリーズでは、S22とS22+で複数の機能が改善され、新たな機能も加わっているが、「Galaxy S21」シリーズから劇的な変化があったわけではない。

 新しくなった点について見てみると、サムスンの「Exynos」プロセッサーを調達できない米国をはじめとする一部市場では、S22とS22+の両方でQualcommの「Snapdragon 8 Gen 1」チップが搭載される。バッテリー容量はどちらのモデルもやや減少したが、「Android 12」対応の独自ユーザーインターフェース「One UI 4.1」を採用しているため、バッテリーの容量が減ったことによって駆動時間が短くなることはないだろう。

 S22とS22+のデザインはS21シリーズとほぼ変わらず、カメラレンズの突き出した部分が本体の側面部分と融合した外観だ。S21で採用されたツートンカラーの配色は健在だが、S22では前モデルと比べて派手さが抑えられている。本体は全体としてサイズが数mm小さくなり、少し角張った印象を与えている。背面にはプラスチックではなくガラス素材が用いられている。

(写真左から)Galaxy S22 Ultra、Galaxy S22+、Galaxy S22
(写真左から)Galaxy S22 Ultra、Galaxy S22+、Galaxy S22
提供:Richard Peterson/CNET

 ディスプレイは今モデルでも120Hzと高いリフレッシュレートを誇るが、サイズはS22が6.1インチでS22+が6.6インチと、2021年発売の前モデルよりわずかに小さい。どちらのモデルも5Gに対応し、IP68等級の防水防塵性能を備える。さらにS22+は、サムスンの紛失防止トラッカー「Galaxy Smart Tag+」などの製品のためにUWB(超広帯域)をサポートする。

 カメラに関しては、超広角、望遠、およびセルフィーカメラはS21シリーズとほぼ同じと言える。メインカメラについては、新たに50メガピクセルのセンサーが搭載され、S21とS21+の64メガピクセルから変更された。

 サムスンは、写真と動画の両方で光量が少ない場所での画質が向上したとうたっているが、これは主に画像処理による改善だ。写真については、S22シリーズの全モデルでピクセルビニング(複数の小さなピクセルをまとめて1つの大きなピクセルを作る技術)と高解像度画像の組み合わせを利用して、ノイズが少なく細かいディテールまでくっきりと捉えた写真を作り出している。

 動画については、サムスンはAppleが「iPhone」で行っている方式を採用している。低光量の場所では、そのシーンに最適なフレームレートが自動で選択されるほか、撮影中のフレームレート変更も可能だ。また、複数の露出を1つの動画フレームに合成できるようにすることで、薄暗い場所で撮影した動画の画質をさらに向上させている。

 これらのアップグレードはいずれも、毎年のリリースサイクルで想定される範囲を超えるものではない。スペックを見る限り、S22とS22+はそれぞれS21とS21+の順当な後継機種と考えられる。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]