マイボトルのドリンク、ロッカーで受取・洗浄・保管も--象印マホービンが実証実験

 象印マホービンは、店舗にてマイボトルを預かり、洗浄・保管して注文時に飲料を入れた状態で渡す有料サービス「ZOJIRUSHI MY BOTTLE CLOAK(象印マイボトルクローク)」の実証実験を2月15日より開始する。

キャプション

 実験店舗は、神戸市庁舎内の1階にあるスタンド型コーヒー専門店「神戸萩原珈琲店 127番地」(実施期間:2月15日〜4月30日)および、シアトルズベストコーヒーの「淀屋橋住友ビル店」(実施期間:3月1日〜4月30日)の2店舗。

 なお、注文・決済にはLINEの公式アカウントを利用。初回のみ、同サービス専用のステンレスボトル(税込2500円)の購入と、公式アカウント「ZOJIRUSHI MY BOTTLE CLOAK」の友だち登録が必要。

キャプション

 専用のステンレスボトルは、シームレスせんを採用したステンレスボトル「SM-ZA36」をベースに、ふた(天面)と本体底面にシリアル番号とQRコードを印字している。

キャプション

 同サービスは、マイボトル(自分専用のリユース容器)を利用したモバイルオーダーサービス。対応店舗に対し、LINE公式アカウントから注文・決済を行うことで、各店舗付近の専用ロッカー(もしくは、店舗)から商品が入ったマイボトルが受け取れるようになる。

 また、使用後のマイボトルをロッカー(もしくは、店舗)に預けることで、店舗が回収。その後、洗浄して次回注文時まで保管するという。

キャプション

 同社では、同取り組みを通じて、マイボトルユーザーの不満である「持ち運びの重さ」や「飲み物の準備」、「使用後の洗浄」といった手間を無くし、マイボトルの継続利用および、新規ユーザー獲得を促進することで、循環型社会の実現を目指すとしている。

キャプション

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]