米当局、Bitfinexから盗まれた4200億円相当のビットコインを押収

Julian Dossett (CNET News) 翻訳校正: 編集部2022年02月09日 10時25分

 米司法省は米国時間2月8日、2016年に起きた仮想通貨取引所Bitfinexのハッキング事件に関連する36億ドル(約4200億円)相当のビットコインを押収したと発表した。また、マンハッタンで2人の容疑者(30代の夫婦)を、ハッキングで得た仮想通貨のマネーロンダリングを共謀した容疑で逮捕した。このハッキングで盗まれたビットコインの総額は、現在の価値で45億ドル(約5200億円)に相当する。

キーボード
提供:Angela Lang/CNET

 容疑者らは、「ハッカーがBitfinexのシステムに侵入し、2000回を超える不正な取引を実行した後に、Bitfinexのプラットフォームから盗まれた11万9754ビットコインのマネーロンダリングを共謀した疑いがある」と、司法省裁判所文書を基に述べた。

 当局は、捜査令状を取得して容疑者らが管理していたオンライン口座を調べ、「Bitfinexから盗まれた資金が直接送金されていた」デジタルウォレットの秘密鍵を取得したという。この秘密鍵を使って、9万4000超のビットコイン(押収時の価値で36億ドル超相当)を取り戻すことができたという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]