オンキヨー、連結子会社が事業を停止--資金難により継続が困難

 オンキヨーホームエンターテイメントは2月8日、連結子会社のオンキヨーサウンドとオンキヨーマーケティングの事業活動を停止すると発表した。事業を継続することが困難となり、事業活動を停止せざるを得ない決定に至ったとしている。

 オンキヨーサウンドは、2020年10月にオンキヨーホームエンターテイメントから会社分割により設立。OEM事業を推進してきたが、継続的な資金難に陥っているという。一方、オンキヨーマーケティングは、ホームAV事業譲渡以降も、ホームAV製品やデジタルライフ製品の国内販売を続けてきたが、資金難改善の見通しが立たない状況になったとしている。

 いずれも、第三者の資本参加や事業の譲渡など、事業継続のためのあらゆる可能性を模索してきたが、それらの協議も難航。事業を継続することが極めて困難になったとしている。

 両社の事業活動停止にともなう今後については、破産手続開始の申立ての準備を進める予定としている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]