Jaguar Land Rover、インフォテインメント搭載車を「Alexa」対応に--既存車両はOTA更新

 自動車メーカーのJaguar Land Roverは、同社の一部モデルをAmazon.comの音声アシスタント機能「Amazon Alexa」に対応させると発表した。対応車両では、スマートフォンを接続することなく、車内でAlexaの各種機能が利用可能となる。

インフォテインメント搭載車をAlexa対応に(出典:Jaguar Land Rover)
インフォテインメント搭載車をAlexa対応に(出典:Jaguar Land Rover)

 Alexaに対応するのは、JaguarおよびLand Roverのインフォテインメントシステム「Pivi Pro」を搭載する車両。さらに、米国と英国では、インフォテインメントシステム「Touch Pro」を搭載するJaguar/Land Rover車も対応させる。

Jaguar/Land RoverのPivi ProまたはTouch Pro搭載車(出典:Jaguar Land Rover)
Jaguar/Land RoverのPivi ProまたはTouch Pro搭載車(出典:Jaguar Land Rover)

 車載システムにAlexaが組み込まれることで、ナビゲーション、音楽再生、ニュースや天気予報の確認などの操作が、音声で指示できるようになる。その際、スマートフォンを車両に接続する必要はない。

 これから出荷される対象車両は、最初からAlexa対応となる。すでに利用されている車両は、ソフトウェアのOTA(無線)アップデートで対応する。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]