統合プラットフォーム「MIXI M」が開始--モバイルウォレットアプリ「6gram」を名称変更

飯塚 直 藤代格 (編集部)2022年02月03日 14時39分

 ミクシィは2月3日、モバイルウォレットアプリ「6gram(ロクグラム)」のサービス名称を「MIXI M(ミクシィエム)」に変更すると発表した。既存の決済機能に加え、個人データやID認証を管理する統合プラットフォームとして提供する。

キャプション

 6gramでは、アプリと物理カードが連携した一体型のキャッシュレス決済サービスとして、アプリ上で複数枚のバーチャルプリペイドカードを即時に発行してきた。

 決済や個人データ、ID認証を管理する統合プラットフォームとしての展開にあわせ、同社のサービスであることがわかりやすい名称へと変更する。関連機能の名称も、「6gramカード」を2月3日から「MIXI CARD」に、「6g cash」を3月1日から「MIXI CASH」に変更する。

 6gramで提供していた決済機能はアプリでそのまま活用可能で、一部決済機能はブラウザでも提供する。また、従来の「ウォレット」「カード」機能に加え、新たに個人データやID認証を管理する「ID認証」「アセット管理」などの機能を提供する。

キャプション

MIXI Mの主な機能

  • ウォレット:銀行口座やクレジットカード、「Apple Pay」から入金(チャージ)し、MIXI Mを支払い手段として導入した加盟店で決済できる
  • カード:「Visa」「JCB」加盟店で利用できるブランドプリペイドカードをアプリで発行できる。友人間での残高送金や、作成したグループでの残高の共有もできる
  • ID認証:MIXI Mに対応したオンラインサービスでアカウントを共有できる。都度のアカウント作成が不要となり、スムーズにサインアップ、ログインできる
  • アセット管理:MIXI Mに登録した氏名、住所などの個人データやウォレット残高といったアセットを、本人の同意のもと、対応サービスで連携できる。MIXI Mで本人確認済の場合、本人確認が必要なサービスでステータスのみを連携でき、サービスごとでの個人情報の提出が不要になる。データアセット(NFT)などへの対応も予定している

キャプション

 ミクシィは、これまでの決済機能に加えてID認証やアセット管理などを拡充し、さまざまなサービス間での連携、個人データの利用など、決済以外の領域でのベネフィット創出を目指すとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]