ミクシィと三井不動産、収容1万人規模の大型アリーナを千葉県船橋市に2024年春開業へ

佐藤和也 (編集部)2022年02月02日 17時14分

 ミクシィと三井不動産は2月2日、千葉県船橋市において収容客数1万人規模の大型多目的アリーナ「(仮称)LaLa arena TOKYO-BAY(ららアリーナ 東京ベイ)」の建築着工を決定したと発表。開業は2024年春を予定しているという。

「(仮称)LaLa arena TOKYO-BAY(ららアリーナ 東京ベイ)」外観イメージ
「(仮称)LaLa arena TOKYO-BAY(ららアリーナ 東京ベイ)」外観CGイメージ

 両社は「経年優化」(時を更に経るにつれて成熟し、更に価値を高めていく)の思想のもと、スポーツ・エンターテインメントを軸とする街づくりを進める三井不動産と、「エンタメ×テクノロジーの力で、世界のコミュニケーションを豊かに」を中期経営方針に掲げ、最新のテクノロジーを駆使したエンターテインメントやスポーツ領域での事業成長に注力しているミクシィの2社が手を組み、東京ベイエリアに新たなスポーツ・エンターテインメント空間を創出を狙いとしたもの。

 このアリーナでは、B.LEAGUE1部に所属し、2020年~2021年シーズンチャンピオンの千葉ジェッツふなばしがホームアリーナとして利用するほか、音楽コンサート、スポーツイベント、企業の展示会などさまざまなイベントに対応可能な施設を目指しているという。

「(仮称)LaLa arena TOKYO-BAY(ららアリーナ 東京ベイ)」俯瞰イメージ
「(仮称)LaLa arena TOKYO-BAY」俯瞰イメージ
バスケットボール試合開催時イメージ
バスケットボール試合開催時イメージ
音楽コンサート開催時イメージ
音楽コンサート開催時イメージ

 所在地は千葉県船橋市浜町2丁目5となっており、JR南船橋駅から徒歩約6分。敷地面積は約2万平方メートル(約6050坪)。三井不動産グループが管理・運営する「三井ショッピングパーク ららぽーとTOKYO-BAY」(ららぽーとTOKYO-BAY)にも隣接。名称については、三井不動産グループが管理・運営する商業施設「三井ショッピングパーク ららぽーと」などに共通する、楽しさを表す「らら」のネーミングを継承し、「(仮称)LaLa arena TOKYO-BAY」としたとしている。

「(仮称)LaLa arena TOKYO-BAY」所在地
「(仮称)LaLa arena TOKYO-BAY」所在地

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]