ペットの排泄物を識別して掃除を回避--ロボット掃除機「ルンバ j7+」「ルンバ j7」

 アイロボットジャパンは、ロボット掃除機の新モデル「ルンバ j7+」と「ルンバ j7」を2月10日より全国のアイロボット認定販売店および、アイロボット公式オンラインストアで販売する。

 
 

 販売価格は、ルンバ j7+が12万9800円(税込)。ルンバ j7が9万9800円(税込)。

 両製品は、グラファイト調のディスクアイコンを新たに採用し、家に溶け込むデザインをコンセプトに開発。また、ルンバシリーズで初めて前面に搭載されたカメラにより、目の前にあるコードやペットの排泄物などの障害物を識別して回避する「PrecisionVisionナビゲーション」を搭載した。

 
 
 
 

 現時点で回避する障害物は、ケーブル類(ヘッドホンのコード、電源ケーブル)、ペットの排泄物(固形物)、靴(スリッパ)、靴下、充電ステーションとなるが、回避に対応する障害物については順次追加するという。

 これにより、散らかったままの部屋でも障害物を認識し、回避しながら確実な清掃が可能となった。また、回避した未清掃のエリアを通知する機能も搭載する。

 
 

 同技術により、従来では難しかった細い家具の脚なども検知可能になり、優しく接触して清掃できるようになっている(サイトタッチ機能)。

 
 

 さらに、清掃中にみつけた障害物の画像を、清掃終了後にアプリへと配信。これらの障害物に今後どのように対処すべきかを、同社が管理するクラウド上に任意でフィードバックできる。

 
 

 世界中のユーザーからのフィードバックを収集することで、データベースを更新し、ロボット自身が学習・進化を続けるという。同社では、現在世界60カ国以上で販売され、4,000万台以上の累計販売台数を誇る同社ならではの強みだとしている。

 また、両製品の開発に伴い、「iRobot Genius ホームインテリジェンス」もアップデートされた(「iRobot Home」アプリの利用者向けに提供も開始)。アプリを通して特定の場所を掃除したり、進入禁止に設定できるだけでなく、清掃にかかる時間の事前通知や、携帯電話の位置情報を応用して「外出したらルンバが清掃を開始する」機能などが新しく搭載されている。

 
 

 このほか、吸引モーターを起動せずに部屋から部屋へ静かに移動する「クワイエット走行」、買い替えても間取りを記憶したマップを引き継げる「マップコピー」なども追加されている。

 加えて、ルンバ j7+に同梱するスリーンベース(自動ゴミ収集機)について、従来の縦長から、テーブルなどの下に収まるように横長タイプに再設計している。また、クリーンベース内には予備の紙パックを入れておくスペースを確保した。

 同社では、ルンバj7+、ルンバj7向けの「ペットオーナーあんしん保証」として、「iRobot Home」アプリへの接続を条件に、清掃中にペットの排泄物が付着してしまった場合の無償修理・交換などのサポートを実施するという(メーカー保証期間内1回に限り)。

 さらに、ルンバ j7と同様にグラファイトカラーのメタル調のディスクアイコンを採用した床拭きロボット「ブラーバ ジェット m6」も3月4日から販売を開始する。販売価格は、7万6868円(税込)。

 
 

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]