logo

円形からD型にデザイン変更--ロボット掃除機「ルンバ s9+」国内でも販売へ

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイロボットジャパンは2月19日、ロボット掃除機「ルンバ s9+」を2月28日より、一部のアイロボット認定販売店ならびに、アイロボット公式ストアにて販売を開始すると発表した。公式オンラインストア価格は16万9800円(税別)。

 米国では2019年5月に発表されている製品で、いよいよ日本でも展開する。同社では「ユーザーのニーズを本気で叶える」をコンセプトにルンバ s9+を開発。清掃機能を最大化させるため、デザインを「D型シェイプ」(ウルトラエッジデザイン)一新したという。

 マットブラックとブロンズを基調としたデザインは、ユーザーの使用環境を徹底的にリサーチ、リビングに飾っておいても自然と溶け込むようなカラーリングとして採用したという。


 また、触れた時のプレミアム感にもこだわり、フタの開閉音やダスト容器のハンドル形状なども考慮。「複雑なテクノロジーを美しく」をテーマに設計した。

 本体の形状(デザイン)を変えることで、多くの部品を新たに開発。ルンバ前方に高性能センサー(PerfectEdgeテクノロジー)を搭載し、進行方向にある壁の位置や奥行きを立体的に感知。今まで行けなかった隙間や入り組んだ場所までしっかりとアプローチし、徹底的に清掃することが可能になったという。

 また、ナビゲーションテクノロジー「vSLAMナビゲーション」と「Imprintスマートマッピング」により、どこにいても現在位置を正しく認識でき、清掃済みのエリアとこれから清掃エリアの判別が可能。さらに、各部屋の間取りを認識して、部屋の状況を学習して記憶。都度最適化を可能としている。

 これらテクノロジーを支える搭載する光学センサーは、毎秒23万400以上のデータポイントを収集。収集したデータを1.3GHzのクアッドコアプロセッサーで処理している。

 従来機種より搭載している「AeroForce 3段階クリーニングシステム」は、ブラシ(2本のゴム製デュアルアクションブラシ)の幅が約30%広く、吸引力は40倍にまで向上し、より効率的にゴミを取り除けるようになった。

 また、カーペットでは自動で吸引力がアップするパワーブーストが働き、特別にデザインされた30mmのブラシ5本からなるコーナーブラシ(26度の角度に設計)は、ゴミのたまりやすい部屋の隅や角まで入り込んでしっかりとかき出せるという。

 新設計のダストカットフィルターを搭載しており、花粉やカビ、ダニ、ペットによるアレルゲンを99%補足し、本体のダスト容器へと集取。収集したゴミは、クリーンベース(自動ゴミ収集機)内の密封型紙パック(ダスト容器30杯分のゴミを収納可能)へと自動で排出できる。

 このほか、床拭きロボット「ブラーバ ジェット m6」と連携する「Imprint リンク」、「iRobot HOME」アプリを使用したスマートフォンによる操作、GoogleアシスタントやAmazon Alexaによる音声操作にも対応する。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]