マイクロソフト、アップルのチップ設計者を引き抜き

Allison Murray (ZDNet.com) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2022年01月14日 10時52分

 Microsoftは米国時間1月12日、Armベースのプロセッサーの設計で重要な役割を担うことになる人物を新たに採用したことを認めた。

 Bloombergによると、Mike Filippo氏は、Microsoftのクラウドコンピューティングサービス「Azure」担当部門でカスタムプロセッサーの開発に携わるという。同氏はこれまでApple、Intel、Armに勤めた経歴を持ち、チップ設計の豊富な経験を生かしてこの新たな役割に取り組むことになる。

 Filippo氏はここ10年にわたってさまざまなArmチップの開発を主導してきた人物で、2019年にはAppleの「M1」チップ開発チームに引き抜かれた。

 Microsoftは2020年12月、データセンターサーバー向けおよびノートPC「Surface」の一部モデル向けに、それぞれ独自チップの採用を検討していると報じられていた。

 同社がArmチップの独自開発に動くよりも早く、AppleはArmベースの独自プロセッサーM1を開発する方針を決め、2020年秋に正式発表した。

 Microsoftは同年11月、「chip-to-cloud」(チップからクラウドまで)のセキュリティ技術をうたうセキュリティプロセッサー「Pluton」を発表した。レノボの「ThinkPad Z13」と「ThinkPad Z16」(いずれも5月に発売予定)は、ノートPC として初めてPlutonチップを搭載する。

 パンデミックを受けて世界的な半導体不足が発生し、ほぼすべての業界が依然としてその影響を受けている現状を考えると、MicrosoftやAppleなどのIT企業が独自チップの開発に乗り出す動きは賢明なものだ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]