指紋やRFIDタグで発砲を制限するスマート拳銃「LS9」、スマホからロックや解除も

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国の銃器メーカー、LodeStar Worksは、あらかじめ登録しておいた人しか発砲できないスマートな拳銃「LS9」を発表した。

登録済みの人だけ発砲が可能な拳銃(出典:LodeStar Works公式Facebookページ)
登録済みの人だけ発砲が可能な拳銃(出典:LodeStar Works公式Facebookページ)

 LS9は、持ち主や持ち主が許可した人など、登録済みの人だけ発砲が可能になる拳銃。持ち主や持ち主が許可した人など、登録済みの人だけ使える。想定外の人に使われることを妨げたり、誤射による事故を防いだりするための仕組みだ。

 同じような目的の拳銃としては、指紋認証をパスしないと使えない「Veri-Fire Guardian」などがすでに存在する。ただし、指紋センサーは濡れるなどすると正しく反応しないこともあり、屋外では使いにくい。

 そこで、LS9は指紋センサーだけでなくRFID技術も組み合わせた。さらに、NFCとBluetoothでスマートフォンの専用アプリと連携し、アプリからのロックや解除も可能だ。

アプリからロックや解除(出典:LodeStar Works公式Facebookページ)
アプリからロックや解除(出典:LodeStar Works公式Facebookページ)

 また、グリップ部分に設けられたボタンでPINコードを入力する解除方法も用意されている。

PINコード入力にも対応(出典:LodeStar Works公式Facebookページ)
PINコード入力にも対応(出典:LodeStar Works公式Facebookページ)

Reutersの報道(出典:Reuters/YouTube)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]