アップル、人気ワードゲーム「Wordle」の模倣アプリを「App Store」から排除

Oscar Gonzalez (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2022年01月13日 12時18分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 毎日新たな問題が出題されるオンラインワードゲーム「Wordle」は、この1カ月で爆発的に人気が上昇し、数十万人のプレーヤーを獲得した。そのため、Appleの「App Store」にこのゲームの模倣アプリが登場しているのも驚きではない。だが、こうしたアプリは削除されつつあるようだ。

Wordle
提供:Power Language

 英国のゲームサイトPocketGamer.bizが現地時間1月12日に報じたところによると、Appleは複数のWordleの模倣アプリをApp Storeから削除したことを認めたという。これらのアプリは、一部の開発者がモバイル版アプリを有料販売としたことで、ファンの怒りを買っていた。オリジナルのWordleはそもそもアプリが存在せず、オンライン版がすべて無料で公開されている。

 Wordleのクローンアプリの価格には幅があり、1〜2ドル(約115〜230円)で売られているものがある一方で、あるアプリは年間30ドル(約3400円)のサブスクリプション料金を設定していた。

 Appleは複数の模倣アプリを削除したとみられるが、12日の時点でApp Storeで「Wordle」と検索した限りでは、同じもしくは似たような名前のゲームがまだ検索結果に表示されていた。米CNETはこの件についてAppleにコメントを求めたが、回答は得られていない。

 なお、このゲームの模倣アプリはGoogleの「Google Play」にも複数存在する。米CNETはGoogleに対し、これらを削除する予定があるかどうか尋ねたが、すぐに回答は得られなかった。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]