イーロン・マスク氏、ブースターを回収する巨大タワーの映像を公開

Amanda Kooser (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2022年01月12日 13時56分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SpaceXの創設者、Elon Musk氏が次世代「Starship」に望む野心的な目標は、素早く再利用できるようにすることだ。Starshipを起動して、ロケットブースターを戻し、それを修理し、素早く次のStarshipを打ち上げる。このビジョンは工学的に非常に難しい要素をはらんでいる。それは、打ち上げとブースター回収に使うタワーだ。

SpaceXのキャッチタワー
このユニットはStarshipの打ち上げとその後のブースター回収のために作られている。
提供:Elon Musk video screenshot by Amanda Kooser/CNET

 Musk氏は米国時間1月9日、「Starshipの打ち上げ&回収のタワー」と、動画を添えてツイートした。この31秒の動画では、タワーの構造が映し出されており、Starshipを大気圏外に導いた後の「Falcon Heavy」ブースターを回収するためのアームが見て取れる。

 このタワーはテキサス州にあるSpaceXの「Starbase」で建設中だ。

 Musk氏が「Mechazilla(メカジラ)」と呼んだこともあるタワーは、ロケットの打ち上げのサポートもできるように設計されている。宇宙関連ニュースサイトNASAspaceflight.comのChris Bergin氏はタワーの試験に注目し、その様子を動画で共有している。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]