「ラブライブ!サンシャイン!!」Aqours2年半ぶりの有観客ライブで見た“物語の先を紡ぐステージ” - (page 2)

佐藤和也 (編集部)2022年01月08日 08時20分

 新たな衣装に着替えて9人が登場し、ライブでは定番にもなっているTVアニメ1期オープニングテーマである「青空Jumping Heart」を、オープニングアニメの映像を背景にシンクロパフォーマンス。さらに同曲のカップリングである「ハミングフレンド」では、序盤はスクスタのライブMVを背景にステージでのパフォーマンスをしつつ、後半ではメンバーの学年ごとにトロッコに乗り込み、場内のさまざまな場所にいるファンに近い距離で挨拶するように歌う。さらに「Pops heartで踊るんだもん!」も披露し、ファンの前で歌えることの喜びを示すように、いろんな方向を向いて歌と笑顔を届けていた。

 ステージに戻りトロッコで歌った感想や衣装に関するトークを交えて、「待ってて愛のうた」の披露で落ち着いた雰囲気に。そして「恋になりたいAQUARIUM」では、場内がライトブルーのコンサートライトで染まるなか、背景のアニメPVでは曜が、ステージでは斉藤さんが中心となってパフォーマンスを行った。

 「きょうのAqours」を経て、9人が登場し披露したのは「Fantastic Departure!」。同曲のジャケットでメンバーが着用している青を基調とした衣装をまとい、さらには海を航海しているところに、巨大なクジラがジャンプしながら海をわたる様子をイメージさせる映像を背景に、海の壮大さや神秘を感じさせるようなステージとなっていた。続けて披露した「Deep Resonance」では小林さんを中心に、ステージはライトで真っ赤に染められ炎も噴き出すという演出のなかで、荒々しさも感じるぐらいの力強い歌声を響かせていた。

 トークを経て披露した「Jump up HIGH!!」では、9人がライブタオルを首にかけ、時折タオルを掲げたり回したりしながら歌唱。そして「心の羽よ君へ飛んでけ!」では、曲の途中でスクリーンにはメンバーの振りにあわせて、ラブライブ!シリーズの象徴でもある羽が舞う演出も。そしてライブの名残惜しさを感じさせる楽曲を、感情を込めて歌っていた。

 ライブが一区切りとなり、アンコールを求める拍手やコンサートライトを「A」の形にして振られるなか、「きょうのAqours」の上映を経て、9人が再登場。そこで歌われたのは「DREAMY COLOR」。初めてキャストによる実写PVとして制作された楽曲で、そのときに着ていた衣装でパフォーマンス。後のトークのなかで、9人が並ぶとグラデーションになっていることや、羽も付けられていることが触れられていた。

 そしてTVアニメ2期エンディングテーマ「勇気はどこに?君の胸に!」では、9人はトロッコに乗り込み、改めてファンと近い距離で感謝を伝えるように歌唱。ステージに戻ってライブを締めくくる曲として歌ったのは、“みんなで作るAqoursの歌”として作られた「Future flight」。爽快感あふれる楽曲を、Aqoursのさらなる躍進を示すようにラストを飾っていた。

 フォーメーションダンスを駆使したステージなど高いパフォーマンス力と気持ちが入ったステージで魅了するところ、さらには、時に笑いをこらえるのに必死になるぐらいの、軽妙かつ自由なトークも含めて、これまで見てきたAqoursの姿に変わりはなく、何より有観客でのライブを楽しんでいるような光景が印象的だった。

 そのなかで今回歌われた楽曲は、オンラインライブで披露されていたものの有観客では初めてというものも少なくなく、そこには2年半の月日が感じられたのも正直なところ。キャスト陣も有観客では2年半ぶりということで期するところがあったのか、終わりの挨拶ではファンに会えたことの嬉しさはもとより、分厚い壁を9人で壊してライブが実現したことや、何があっても諦めないAqoursでいるといったこと、この2年半がAqoursにとって次に進むために必要な時間だったことを、この先証明していくといったことが語られていった。

 伊波さんは、ライブステージがないとAqoursメンバーたちの道をこの先走っていけなくなるのでは、と考えていたことを語る。そしてキャスト陣がメンバーを大切に思う気持ちと、メンバーに会いたいと思って足を運んでくれるファンがいないと、Aqoursの物語は進んでいかないという考えを示し、「物語の先の先の先を、一緒に作ってくださいますか?」と問いかけ、その回答として会場からは大きな拍手が巻き起こっていた。

 全てのプログラムが終わりステージから降壇するとき際、伊波さんは「これからもAqoursは、変わらずに、そして新しいことに挑戦するために、これからの物語を紡いでいきたいと思います!」とメッセージを送っていた。今回のライブはその言葉が示すような、物語の先を紡ぐステージと思えた次第だ。

 また余談ではあるが、筆者がお気に入りのAqoursメンバーが国木田花丸であることを踏まえて印象的だったのは、この公演に高槻さんが出演したことそのものにある。

 2021年は高槻さんが休養のため一時活動を休止しており、このライブについても慎重に検討する旨が事前に案内されていたが、予定通り出演が決定となり、ライブ当日も最後まで出演した。定番となっている「お花、マル」で場内が一体となって頭の上で丸を作る挨拶の光景や、伊波さんが「花丸ちゃん、お帰りなさーい」と声をかけ、高槻さんも「みんな、ただいまずらー」と改めて挨拶し、場内も大きな拍手と花丸のイメージカラーである黄色のコンサートライトで迎えた光景も、ダイナミックなパフォーマンスと歌声で魅了する姿も感慨深いところがあった。

 加えて、今回のライブではユニット曲やソロ曲などは無く、全て9人での歌唱曲でセットリストが組まれており、どこか“この9人でAqours”を示すようなステージにも感じられた次第だ。

 最新情報も公開された。大きな発表となったのが、6周年記念プロジェクトの一環として、初のアーティストコラボを実施。そしてコラボパートナーが初音ミクであることを公表した。コラボによる楽曲とアニメーションPVを制作するという。

初音ミクコラボ
初音ミクコラボ

 このほか、TVアニメシリーズと劇場版を一挙収録したBlu-ray BOXを、3月29日に発売予定。Aqoursによる録り下ろし楽曲も1曲収録。また「幻日のヨハネ」コミック企画について、「LoveLive!Days ラブライブ!総合マガジン」にて2022年2月から連載を開始。Aqoursメンバー1人ずつにフィーチャーした1冊「Aqours magazine」の刊行や、初の歌詞集「ラブライブ!サンシャイン!! Lyric Collection from Aqours & Saint Snow」の発売も告知された。

「ラブライブ!サンシャイン!!Blu-ray BOX」キービジュアル
「ラブライブ!サンシャイン!!Blu-ray BOX」キービジュアル
「幻日のヨハネ」
「幻日のヨハネ」

 また、2月と3月に開催される6thライブとなる「ラブライブ!サンシャイン!! Aqours 6th LoveLive! ~KU-RU-KU-RU Rock 'n' Roll TOUR~」のキービジュアルを公開した。

「ラブライブ!サンシャイン!! Aqours 6th LoveLive! ~KU-RU-KU-RU Rock 'n' Roll TOUR~」キービジュアル
「ラブライブ!サンシャイン!! Aqours 6th LoveLive! ~KU-RU-KU-RU Rock 'n' Roll TOUR~」キービジュアル

(C)2017 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]