[ブックレビュー]経済界の重鎮と棋士、63歳差の友情--「考えて、考えて、考える」

フライヤー編集部2022年01月08日 08時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
講談社
内容:丹羽宇一郎氏と藤井聡太氏の対談をまとめた1冊。経済界の重鎮である丹羽宇一郎氏が棋士・藤井聡太にとどまらず、人間・藤井聡太に迫る。

 本書は、丹羽宇一郎氏と藤井聡太氏の対談をまとめた1冊である。丹羽氏が藤井氏の言葉を引き出す形で、棋士・藤井聡太が歩んできた19年間が明らかにされていく。

 丹羽氏は伊藤忠商事の名誉理事を務め、内閣府経済財政諮問会議議員などを歴任してきた経済界の重鎮だ。一方の藤井氏は、2016年10月に史上最年少の14歳2カ月でプロデビューを果たした棋士である。ふたりの年齢差は63歳。2018年に初めて会ってから、友人関係を続けているという。

 藤井氏は、いまや日本で最も注目されている棋士といっても過言ではないだろう。プロデビュー直後から29連勝して歴代最多連勝記録を更新、最年少でタイトルを獲得するなど、メディアを連日にぎわせている。

 昇段のスピードも凄まじく、将棋雑誌が「藤井聡太4段」と紹介する頃には5段どころかすでに6段に昇段していた、という話しに衝撃を受けた人も多いのではないだろうか。本書にも「『藤井聡太二冠』と呼ばれるようになり、日本中から注目されるようになっ」たという記述があるが、本要約の執筆時点では「藤井三冠」となっている。

 数々の新記録樹立やそれに対する周りの盛り上がりに反して、藤井氏本人はメディアを通してみるかぎり、何も変わらず、落ち着いた態度でいるように見える。丹羽氏も本書の中で、そんな藤井氏の態度に衝撃を受けたと語っている。藤井氏はいま、何を考え、何を思っているのか。なぜ常に自然体なのか。棋士・藤井聡太にとどまらず、人間・藤井聡太の一端を知ることができるのが本書の最大の魅力だろう。

今回ご紹介した「考えて、考えて、考える」の要約記事はこちら。この記事は、ビジネスパーソンのスキルや知識アップに役立つ“今読むべき本”を厳選し、要約してアプリやネットで伝える「flier(フライヤー)」からの転載になります。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]