LINE、デジタルトレカ「VVID」の終了にともなう払戻しを開始--今後はNFTに注力

 LINEは12月10日、2020年8月よりサービスを提供していたデジタルトレーディングカードプラットフォーム「VVID」(ビビッド)のサービス終了と12月13日からの残高の払戻しを発表した。

キャプション

 VVIDは、「NGT48」や「HKT48」などのアイドルやご当地キャラクターなどさまざまなコンテンツをオンラインで販売するデジタルトレーディングカード。デジタルという特性から、動くカードなどのコンテンツも展開し、複製防止やコンテンツ保護対策も施したプラットフォームだった。

 払戻しは、2022年3月24日より順次口座振込で対応する。申請は、2021年12月13日〜2022年2月24日15時まで専用フォームから受け付ける。

 LINEはVVID終了後も、デジタルトレーディングカードの性質をさらに活用できるNFT(非代替性トークン)でのデジタルコンテンツ事業に注力するとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]