アマゾン、買い物代行サービスを2022年に欧米で展開か

Macy Meyer (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)2021年12月14日 11時54分

 Amazonが2022年、食品小売業界における役割を拡大するかもしれない。The Informationは米国時間12月13日、同社が英国で提供を始めている新たな食料品配達サービスを2022年に欧州広域と米国にも拡大する計画だと報じた。

Amazon Freshの店舗
提供:James Martin/CNET

 Amazonは、Whole Foods Marketや自社の倉庫を利用した配達サービスを提供するなど、何年も前から食料品の配達を手がけてきた。今回報道された新しいサービスは、サードパーティーの小売企業、スーパーマーケット、店舗で売られている食料品を配達するものだという。

 The Informationによると、英国で提供されているサービスでは「Amazon Prime」の会員がAmazonのアプリやウェブサイトを使って、2つの英大手スーパーマーケットの食料品を注文できる。Amazonと契約する個人のドライバーが即日配送するという。

 同社はコメントの依頼にすぐには応じなかったが、広報担当のJessica Canfield氏はThe Informationに対し、「他の食料品店との提携により、より多くの顧客がオンラインで買い物できるようになり、当社はAmazon Prime会員に、より多くの選択肢や価値、利便性を提供できるようになる」と述べている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]