デジタル庁、新型コロナワクチン接種証明書アプリを公開へ--要マイナンバーカード

飯塚 直 坂本純子 (編集部)2021年12月14日 12時35分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デジタル庁は、日本政府が公式に提供する「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」を12月20日から公開すると発表した。App StoreまたはGoogle Playより「接種証明書」と検索して、インストールできるとしている。

 新型コロナワクチン接種証明書は、日本の予防接種法に基づいて各市町村で実施された新型コロナワクチン接種の事実を公的に証明するものとなる。

 同アプリでは、日本国内用と海外用の新型コロナワクチン接種証明書の取得が可能。アプリを使って、氏名・生年月日や、接種記録(ワクチンの種類、製品名、接種年月日、ロット番号)が含まれた二次元コードが表示できるようになる。海外用では、さらにパスポートの国籍や旅券番号が記載される。

新型コロナワクチンの接種証明書(電子版)の申請は12月20日から受付開始予定
新型コロナワクチンの接種証明書(電子版)の申請は12月20日から受付開始予定

 このほか他のスマートフォンなどで表示された接種証明書の二次元コードを読み取って、内容を確認できる機能も備える。

 同庁によれば、利用者自身の選択により、アプリの画面上、氏名や生年月日、二次元コードを隠して提示もできるという。

 利用時に必要となるのものは、マイナンバーカードとマイナンバーカードの券面入力補助用暗証番号(カード受取の際に設定した4桁の数字)、海外用を発行する場合はパスポート。動作環境は、マイナンバーカードが読み取れる(NFC Type B対応)端末、iOS 13.7以上、Android 8.0以上。なお、マイナンバーが読み取れる主なスマートフォンは、アップルではiPhone 7以降、グーグルではPixel 3以降となっており、詳細は公的個人認証サービスポータルサイトの「マイナンバーカード対応NFCスマートフォン」(PDF)に掲載されている。

 なお、海外用の接種証明書は、諸外国が講じている水際防疫措置の緩和・免除を受けるために発行しているものとなる。当該緩和などの取扱いについては、諸外国とも事前に調整の上で、認められているという。

 一方で、渡航先国内における飲食店などにおける利用を保証するものではないため、利用できないことによる影響が大きい場合は、接種証明書の提示を求められるのかどうかや、接種証明書アプリが利用できるかについて、事前確認を推奨している。

「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」が配信開始--発行にはマイナンバーカードが必須 - CNET Japan
「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」を使ってみた--発行手順を写真で紹介 - CNET Japan
政府公式「ワクチン接種証明書アプリ」が使えない人の対処法--国内向けにも紙で証明書発行 - CNET Japan

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]