Metaのメタバースアプリ「Horizon Worlds」が一般提供に

Scott Stein (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年12月10日 07時20分

 現在はMetaに社名を変更しているFacebookが、仮想現実(VR)メタバースアプリ「Horizon Worlds」を初めて披露したのは2年前だ。同アプリはこれまでプライベートベータ版の状態だったが、ついに米国時間12月9日から一般提供が始まった。米国とカナダの18歳以上の人を対象に無料で公開されている。

 仮想的なミーティング空間でありゲームハブであるこのアプリは、「Rec Room」「AltspaceVR」「VRChat」といった既存のVRソーシャルアプリを組み合わせた、既になじみのあるものだが、クリエーションとコーディングの機能が、他とは一線を画す可能性がある。しかし、より大きなグループのモデレーションと、VRにおける有害な行動の防止に、Metaがどこまで対応できるかについては、今後の状況を見守る必要がある。

Horizon Worlds
提供:Meta

 FacebookからMetaへの社名変更に伴い、同社はメタバースに注力することを約束した。同社の既存の「Facebook」アプリは、これまでとほぼ変わらないように見えるが、Metaは、VR、拡張現実(AR)、コンピューター、スマートフォンをつなぐ新しいソーシャルアプリの構築を目指している。Horizon Worldsは現在のところ、無料でVRを中心とする体験が可能で、「Quest 2」ヘッドセットの使用が必須だ。筆者が2021年に入って試用した、Metaの仕事向けの仮想オフィス空間「Horizon Workrooms」とほぼ同じように、Horizon Worldsでも、Metaの既存のアニメ風のVRアバターを使って交流する。


 筆者は、Horizon Worldsが一般提供される前に、MetaのHorizon担当バイスプレジデントであるVivek Sharma氏とともに同アプリを再度体験する機会を得た。筆者がHorizon Worldsを体験するのは、この数年間でこれが4度目だった。過去3回の体験と、デザインはほぼ同じだった。Horizon Worlds内の移動は、他のソーシャルVRやメタバース空間を体験したことのある人ならば、かなりなじみ深く感じるだろう。基本的に滑空またはテレポートしながら、メニューを開いて、テレポートする別の空間やクリエイターが作成した体験を選択する。各空間をつなぐポータルが存在する。ポータルは、メタバースアプリに共通の比喩表現で、基本的にはクリックするリンクのことだ。

Horizon Worlds
提供:Meta

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]