「YouTube Music」に「2021 Recap」機能--Spotify Wrapped対抗

Abrar Al-Heeti (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年12月07日 10時54分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Spotify Wrapped」の季節が始まると、筆者のように「YouTube Music」などの他の音楽配信サービスを利用している人々は寂しい気持ちになることは確かだ。その年の自身のトップアーティストや楽曲について楽しく統計情報を共有している人々を、少しうらやましく感じる気持ちを筆者は抑えられないのだ。「ベストアーティストはTaylor Swiftで、最も聴いた楽曲はたぶん『All Too Well』の10分バージョンだということはわかっているじゃないか」と言って自分自身を慰めるが、どのソーシャルプラットフォームでも誰かが尋ねてくれるわけではない音楽習慣を共有できる体験と同じ気持ちを味わうことはできない。

YouTube Music rolls out 2021 Recap feature to rival Spotify Wrapped
提供:Getty Images

 しかしついに、筆者もその気持ちを味わえるようになった。YouTube Musicは米国時間12月6日、「2021 Recap」機能をリリースしたことを明らかにした。2021年の自らのトップアーティスト、楽曲、ミュージックビデオ、プレイリストなどを表示してくれる機能だ。

 Recapのランディングページは「YouTube Music」アプリに表示され、そのページをスクロールしてパーソナライズされた統計情報を確認することができる。自分が最近見つけた音楽も表示され、その年の自分のお気に入りの楽曲をパーソナライズされたプレイリストで聴くオプションも用意されている。そしてもちろん、そのプレイリストや統計情報を共有することも可能だ。共有するには、統計情報カードの下部の矢印をタップする。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]