WhatsApp、「消えるメッセージ」をデフォルトで設定可能に

Alexandra Garrett (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年12月07日 10時19分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Meta傘下のWhatsAppは米国時間12月6日、同社アプリの消えるメッセージ機能を設定する新たな選択肢を追加したと発表した。すべての新しいチャットに対して、消えるメッセージ機能をデフォルトで有効にでき、メッセージが消えるまでの期間も選択できるようになった。

WhatsAppの画面
提供:WhatsApp

 この機能を有効にすると、自分または相手が開始した1対1のチャットは、選択した期間(24時間、7日間、90日間)が過ぎると消える。また、グループチャットを作成する際にも、この機能を有効にできる。

 WhatsAppによると、この新機能はオプションで、既存のチャットを変更または削除することはない。この機能を有効にしている場合は、それがデフォルトで選択されていることを通知するメッセージが、チャット内に表示される。

 WhatsAppは2020年11月、メッセージが送信から7日後に消えるよう設定できる機能を導入した。2021年8月には、1度閲覧した動画や画像がチャットから消える「View Once」機能を追加した。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]