logo

「WhatsApp」、メッセージが送信から7日後に消える新機能を追加

Richard Trenholm (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 合原弘子 (ガリレオ)2020年11月06日 11時03分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メッセージアプリ「WhatsApp」のチャットで、実際には取っておく必要のないメッセージが無限にあふれていると感じることはないだろうか。Facebook傘下のWhatsAppは米国時間11月5日、メッセージが送信から7日後に消えるよう設定できる機能を実装した

 設定のオンとオフは切り替えられるため、送受信した情報を今後も保持することはできる。

WhatsApp
提供:WhatsApp

 メッセージを一時的なものにする目的は、安全性を強化して余計な情報を減らすことだ。Snapchatの写真(1度閲覧されると消える)に似ているが、WhatsAppの場合は丸1週間にわたって保持される。WhatsAppは、今後もこの機能の検証を続け、メッセージを残す期間を調整する可能性もあるとしている。

 メッセージは、設定をオンにした場合にのみ消えるようになる。すでにスマートフォン上にあるメッセージは消えない。

 誰かと2人でチャットしている場合、どちらもメッセージを消す設定をオン/オフできる。グループチャットでは、管理者だけが設定を変えられる。メッセージは、消えるまでの7日間であればコピーやスクリーンショットの取得が可能である点に注意してほしい。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]