ソニー、「Xbox Game Pass」対抗のPlayStation新サブスク計画か

Carrie Mihalcik (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年12月06日 08時58分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーの「PlayStation」部門が新しいサブスクリプションゲームサービスを計画していると報じられている。Microsoftの「Xbox Game Pass」に対抗するサービスとなりそうだ。Bloombergが米国時間12月3日に報じたところによると、この新サービスは2022年に登場するとみられる。ユーザーは月額料金を支払い、「新旧のゲームのカタログにアクセス」できるようになるという。

PlayStation
提供:Andrew Hoyle/CNET

 新サービスは、ソニーの既存のサブスクリプションプラン「PlayStation Plus」(PS Plus)と「PlayStation Now」(PS Now)を統合するようだ。両プランはいずれもゲームへのオンラインアクセスを提供するが、内容に重複する部分もある。Bloombergによると、ソニーはPS Plusのブランディングを維持し、PS Nowを段階的に終了する計画だという。

 新サービスは、「PlayStation 5」(PS5)と「PlayStation 4」(PS4)を対象に提供されるとみられる。Bloombergによると、ソニーはこの新サービスで3階層のプランを提供するが、それぞれの料金は明らかにされていない。PS PlusとPS Nowは現在、いずれも月額9.99ドルまたは年間59.99ドルで提供されている(日本では、PS Plusは月額850円、年間5143円、PS Nowは月額1180円、年間6980円)。

 Bloombergによると、1つめのプランには既存のPS Plusと同じ特典が含まれ、2つめのプランはさらに多くのPS4、PS5のゲームカタログを提供する可能性がある。3つめのプランは、「拡張されたデモ、ゲームストリーミング、クラシックなPS1、PS2、PS3、そしてPSPのゲームのライブラリー」が追加されたものになるという。

 米CNETはソニーのPlayStation部門にコメントを求めたが回答は得られていない。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]