マインドフルネスアプリ「Meditopia」、日本市場に参入--日本人向けコンテンツも

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Meditopiaは12月2日、同社が運営するマインドフルネスアプリ「Meditopia」(iOS/Android)で日本市場に参入すると発表した。

 これまでマーケティングコミュニケーションを実施していないにもかかわらず、すでに日本人利用者が全体(3000万超)の約15%を占めていることから、今回の日本市場本格参入を決定したという。

 なお、日本人利用者はグローバルユーザーと比較してアプリの利用時間が長く、プログラムの終了率が高いことや、「睡眠導入」コンテンツを多く消費していることが特徴として判明している。




 Meditopiaは、全世界100カ国で展開するヘルスケアアプリ。専門家が監修した3000以上のガイダンス音声付きメディテーションプログラム(12カ国語)により、毎日のストレス軽減、睡眠改善、幸福感の向上など、メンタルライフを総合的にサポートする。

 ガイダンス音声付きメディテーションプログラムでは、5日〜8週間のパーソナライズされたプログラム「シリーズプログラム」と、2〜10分間でリラクゼーション効果が期待できる「クイックスタートプログラム」の2プログラムで構成されている。

 文化圏ごとのコンテンツローカライゼーションにも注力しており、日本版では、日本人用に作られたローカルコンテンツを用意している。


 マインドフルネスについて学べるだけでなく、自然音やオリジナル楽曲(90種類以上)を利用したリラックス法など、利用者の求める目的やシーンに合わせたアプローチに対応。



 マインドフルネスやメディテーションの上級者だけでなく、初心者でも楽しめる機能を多数用意するという。

 また、お気に入りのコンテンツがダウンロードできる「オフライン機能」、マインドフルネス習慣やメディテーションを記録できる「ノート機能」、iOSのヘルスケアアプリと連携して情報を記録できる「ヘルスケア連携(iOS)」などの機能を搭載する。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]