ロボット掃除機「ルンバ」、クリスマスツリーを避ける機能を「Roomba j7」に追加

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 iRobotは、ロボット掃除機「Roomba j7」「Roomba j7+」に新機能「Holiday Tree Zone Detection」を追加し、床に置いたクリスマスツリーを避けつつ、その周囲を掃除できるようにした。

クリスマスツリーを避けて周囲を掃除(出典:iRobot)
クリスマスツリーを避けて周囲を掃除(出典:iRobot)

 この機能追加は、両掃除機の制御ソフトウェア「iRobot Genius Home Intelligence」をアップデートして実施。新機能のHoliday Tree Zone Detectionにより、ツリーの場所を自動的に認識し、ツリーに衝突することなく周囲に落ちている葉っぱなどを掃除できる。認識されたツリーの位置は、スマートフォン用「iRobot Home App」で確認可能。

 さらに、今回のアップデートで追加された「Shoes and Socks Hazard Avoidance」機能により、床に落ちている靴下と靴も避けて掃除できるようになった。

 なお、Roomba j7とRoomba j7+は、床に犬または猫のウンチと思われる物を見つけたら、その部分を通らないように動いて掃除する機能も搭載している。

ペットのウンチも避ける(出典:iRobot)
ペットのウンチも避ける(出典:iRobot)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]