似合うメガネを「Zoff」のAIがお勧め、バーチャルで試着--17万件の顔画像を学習

藤代格 (編集部)2021年11月25日 17時23分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メガネブランド「Zoff(ゾフ)」を運営するインターメスティックは11月25日、バーチャル試着サービス「Zoff Virtual Counter (ゾフ バーチャルカウンター)」内で動作するレコメンド機能を発表した。同日からスマートフォンの標準ブラウザなどで活用できる。

キャプション

 レコメンド機能は、インターメスティックの研究、開発機関となるZoff Eye Performance Studio(ゾフ アイパフォーマンス スタジオ、ZEPS)と、ヒトの行動や感情を検知、解析するヒューマンセンシング(行動認識)技術を軸に画像認識アルゴリズムを開発、提供するACES(エーシーズ)が共同で開発した独自AI。

 接客経験豊富なZoffスタッフ約720人、約17万件の顔画像評価データを機械学習させたという。

 自分の顔写真をアップロードし、希望するメガネのタイプや用途など簡単な質問に答えると、AIが最大18商品を提案する。そのままバーチャル試着も可能だ。

顔写真をアップして目の位置などを合わせる
顔写真をアップして目の位置などを合わせる
いくつかの質問に答える
いくつかの質問に答える
そのまま購入も可能だ
そのまま購入も可能だ

 Zoff Virtual Counterは、ZEPSとビジュアルコミュニケーション事業を手掛けるアマナが共同で開発。ECサイトと連動したバーチャルフィッティングプログラムとして、2月ごろからベータ版を提供していた。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]