若年層に対するInstagramの影響、複数の州が調査

Queenie Wong (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2021年11月19日 10時20分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米各州の司法長官らは米国時間11月18日、Meta Platforms(旧Facebook)が傘下のソーシャルメディアアプリ「Instagram」の有害性を認識していたにもかかわらず、子どもや10代の若者に利用を促して州の消費者保護法に違反したかどうかを調査していることを明らかにした

Instagramのロゴ
提供:Angela Lang/CNET

 マサチューセッツ州のMaura Healey司法長官は発表の中で次のように述べた。「Facebook、現Metaは、同社のプラットフォームを利用する若者を保護できておらず、心身の健康に真の脅威をもたらす既知の不正操作を意に介さないばかりか、場合によってはこれを推し進めることで、利益のために子どもたちを搾取している」

 調査を率いるのは、マサチューセッツ州、カリフォルニア州、フロリダ州、ケンタッキー州、ネブラスカ州、ニュージャージー州、テネシー州、バーモント州の司法長官だ。この超党派のグループが出したプレスリリースによると、司法長官らはMetaが「若いユーザーによるエンゲージメントの頻度と時間」を増やした手法や、そうした利用の増加がもたらした害について調査するという。

 Metaの広報担当者は次のようにコメントした。「これらの非難は誤っており、事実を深く誤解していることを示すものだ。オンライン上の若者を保護する際の課題は業界全体に影響するものだが、当社はいじめと闘い、自殺願望や自傷行為、摂食障害に苦しむ人々を支援する上で業界をリードしてきた」

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]