エアロネクストら、ドローンで牛検体のリレー輸送に成功--北海道上士幌町で

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エアロネクストは11月17日、経済産業省北海道経済産業局、イノベーションチャレンジ実行委員会、セイノーホールディングスらと10月に共同で行った、牛の乳房炎の検体をドローンと陸上輸送のリレーで運搬した実証結果を発表した。

実証はドローンと陸上輸送のリレーで行われた
実証はドローンと陸上輸送のリレーで行われた

 今回の実証実験は10月8日に行われ、上士幌町内で酪農や畜産を手がけるノベルズの協力のもと実施。牛の検体の配達をドローンと陸上輸送のリレーで行い、従来より短時間での運搬とドローン配達での振動や温度変化などの品質面を評価した。

 牛の乳房炎の検査に必要な検体となる乳汁を試験管に入れた上で箱詰めし、エアロネクストの物流専用ドローンに搭載。ノベルズ上士幌本社の敷地内で、約3km、20分間のフライトを2回行い、検体を同じく実証に参加するセイノーホールディングスのトラックに積み替えて、およそ約40km離れた帯広にあるノベルズ研究所まで輸送した。研究所で配達翌日に検査をしたところ、ドローン配送時の振動などが検査品質に影響を及ぼさないことが確認された。

 従来の陸上輸送では、へき地にある酪農地帯への物流は人手不足で年々困難になっているほか、60kmの距離を運搬する場合、ドローンと陸上輸送のリレーに比べ2倍となる約2日を要することもあり、検体の品質が損なわれる可能性もあるという。

 今回の検体輸送の成功は、配送に課題の多い畜産業界全般におけるスマート物流の社会実装に向けた第一歩になったとのこと。エアロネクストでは、今後の実用化に向け、寒冷地の気候下での実証なども視野に入れて検討を重ねるとしている。


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]