サッカー観戦中に選手情報やゴール数をAR表示--楽天モバイルが5G実証実験に成功

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 楽天モバイルとJリーグチームのヴィッセル神戸は、5GとVPS(Visual Positioning System)技術の活用で、選手や試合情報、インターネットショッピングなどのコンテンツをARで楽しめる、新たな試合観戦体験の実証実験をノエビアスタジアム神戸で11月3日に実施し、成功させたことを発表した。

5GとVPS技術を組み合わせてARコンテンツを利用する実証実験に成功
5GとVPS技術を組み合わせてARコンテンツを利用する実証実験に成功
座席のどこからでもピッチ上にARが表示できる
座席のどこからでもピッチ上にARが表示できる

 楽天モバイルが開発した専用アプリを搭載した5G対応スマートフォンのカメラをスタジアムにかざすと、ピッチ上に浮かんでいるように円形のメニューが表示される。メニューをタップすると、得点やゴール数、選手のフォーメーションといった試合に関する情報を閲覧できる。そのほか、スマホに映る選手をタップするとECサイトが表示され、その選手が着用するユニフォームやアイテムをその場で購入できる。

実際のスタジアム
実際のスタジアム
 
 
 
 
 
 

 同社は2020年11月にも、5Gを活用してマルチアングル映像の提供や多人数でARゲームをプレイする実証実験を行っている。その際には、ユーザーがどの角度からARコンテンツを見るのか特定するために、あらかじめARマーカーを読み込んでもらっていた。

 今回はVPS技術を用いてカメラで捉えた画像を高頻度でサーバーに送ることで、デバイスの位置情報を正確に特定し、任意の位置にARコンテンツを表示できるようにしたという。実証実験で活用しているVPS技術は、「楽天モバイルパートナープログラム」で協働するImmersalが提供に協力している。

 コンテンツの内容も2020年に比べて豊富になり、ゴールにあわせてアニメーションが表示されるなど、試合観戦を盛り上げる要素をいろいろと取り込んでいる。グラフィックデザインやUI/UXの設計はグループ内の楽天デザインラボが担当しており、細かな調整を重ねてきたという。

 
 

 5GとVPS技術を組み合わせることで、スタジアム内にバーチャル広告を表示したり、さらにユーザーにあわせたパーソナライズ広告なども可能になるという。楽天グループでのエコシステムにつながる連携もいろいろできるよう、運用方法を検討していくとしている。

 実証実験を担当した楽天モバイル 5Gビジネス本部 ビジネスソリューション企画部 部長の益子宗氏は「今回の実証実験のもう1つのポイントとしては、スマホとサーバーの通信に使用するスタジアム内の5G環境として超高速通信のミリ波を使用しており、大勢の観客が一斉に大容量のARコンテンツを利用できるかもあわせて検証している」と説明する。

 実際にARコンテンツを試してみたが、操作性はかなり良く、ストレスなく画面の表示や切り替えができた。ただし、ずっとスマホをかざしながらの観戦は実用的ではないため、ARヘッドセットの方が相性は良さそうだ。今後より各社のスマートグラスなども充実してくると、スポーツ観戦のスタイルが大きく変わる可能性がありそうだ。

 
 
表示されるARコンテンツの内容が大幅に増えた(イメージ)

 なお、楽天モバイルはこの実証実験とは別に、神戸大学、デンソーテンとともに、イベント帰宅時の混雑緩和と経済活性化を即す5G実証実験を、ヴィッセル神戸のJリーグ戦にあわせて10月2日から11月27日の間に、計5回にわたりノエビアスタジアム神戸で実施している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]