オンライン会議時のマナー「特に何もしていない」シニアが約3割--若年層ほど意識

佐藤和也 (編集部)2021年11月13日 08時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモ モバイル社会研究所は、2月にオンラインでの会議でのマナーに関する調査を実施。その結果を11月9日付けで公表した。ウェブによる調査で、対象は全国の15~79歳男女、有効回答数は6240。

 オンラインでの会議を行っている人たちが、普段からオンライン会議の際に意識しているマナーについて調査したところ、一番高かったのは「話をしていない時にはミュートにしている」が42.7%。続いて「遅れないように事前に接続の準備をしている」が40.8%、「家族やプライベートなものが映らないように配慮」が34.7%、「相手の顔を映すことを強要しない」が28.9%となっている。また、オンライン会議時にマナーを意識した行動を「特に何もしていない」という方は16.9%という。

オンライン会議の際に意識しているマナー行動(複数回答)(全国・15~79歳のオンライン会議を実施している男女・n=1666)
オンライン会議の際に意識しているマナー行動(複数回答)(全国・15~79歳のオンライン会議を実施している男女・n=1666)

 「話をしていない時にはミュートにしている」を年代別に調査してみると、10~20代は5割、30~50代も4割を超えていた。一方で60代では35%、70代では8.2%。シニアになるほど、オンラインでの会議で話をしていない時にもミュートにしていないことが明らかになったという。

年代別オンライン会議の際に意識しているマナー行動「話をしていない時にはミュートにしている」(複数回答)(全国・15~79歳のオンライン会議を実施している男女・n=1666)
年代別オンライン会議の際に意識しているマナー行動「話をしていない時にはミュートにしている」(複数回答)(全国・15~79歳のオンライン会議を実施している男女・n=1666)

 オンライン会議を実施している人で、マナーを意識した行動で「特に何もしていない」と回答した人は、10~50代までは10%台。一方で、60代で30%、70代で35.3%が、オンライン会議時にマナーを意識した行動で「特に何もしていない」と回答していたという。オンライン会議の際に何かしらマナーを意識しているのは若年層が多く、シニアになるほどオンライン会議でマナーを意識した行動をしていないことが明らかになったとしている。

年代別オンライン会議の際に意識しているマナー行動「特に何もしていない」(複数回答)(全国・15~79歳のオンライン会議を実施している男女・n=1666)
年代別オンライン会議の際に意識しているマナー行動「特に何もしていない」(複数回答)(全国・15~79歳のオンライン会議を実施している男女・n=1666)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]