HTC、メガネ型の小型VRグラス「VIVE Flow」を11月18日に日本発売--価格は約6万円

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 HTC NIPPONは11月11日、メガネ型の小型VRグラス「VIVE Flow」の予約受付けを開始した。発売日は11月18日で、店頭予想価格は5万9990円。

メガネ型の小型VRデバイス「VIVE Flow」
メガネ型の小型VRデバイス「VIVE Flow」

 従来のゴーグル状のVRヘッドセットと異なり、メガネのように掛けて使用するタイプのVRグラス。重量は189gと軽量で、メガネ同様にテンプルを折りたためる構造も採用し、持ち運びも考慮した仕様だ。また、本体の中央部に「アクティブ冷却システム」を搭載し、長時間の装用でも熱をこもりにくくしたのが特徴。

冷却システムを搭載する
冷却システムを搭載する

 VIVE Flowはバッテリを搭載しないため、別途モバイルバッテリなどから本体のUSB Type-Cポートへの給電が必要だが、本体に無停電電源装置を搭載するため、最大5分間のホットスワップに対応する。コントローラーにはスマートフォンを使って操作する。

 対応機種はAndroid 9以降のOSを搭載し、かつSnapdragon 765/865、またはMediaTek Dimensity 1000以上のSoCを搭載した端末。スマートフォンとはBluetoothで接続する。iOSや、サムスンのGalaxyの一部端末に搭載されているExynosプロセッサには対応しない。スマートフォンの画面を投影できる「Miracast」にも対応する。

 主なスペックは、解像度が3200ドット×1600ドット(片目あたり1600ドット×1600ドット)、視野角は最大100度、リフレッシュレートは75Hz。本体にはノイズキャンセリング機能付きマイクや空間オーディオをサポートするステレオスピーカー、Wi-FiやBluetooth 5.0も搭載する。アイトラッキングは2機のカメラで6DoFのトラッキング性能を実現した。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]