Facebook、人種や宗教などによるターゲティング広告を不可に

Brian Bennett (CNET News) 翻訳校正: 桑井章裕 高森郁哉 (ガリレオ)2021年11月10日 13時11分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookを運営するMetaは米国時間11月9日、広告の「詳細ターゲット設定」オプションを廃止することにより、「センシティブな(慎重に扱うべき)」属性でターゲティングする広告を出稿できないようにすると発表した。そうしたトピックには、人種、民族、所属政党、宗教、性的指向が含まれる。

Facebookのロゴ
提供:Sarah Tew/CNET

 同社はこの変更を2022年1月19日から適用する。

 同社の広報担当者によると、この変更は「数千の」タグに影響し、全世界で適用されるという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]