ソニー、TSMCとの半導体工場設立を発表--2024年末までに生産開始を目指す

加納恵 (編集部)2021年11月09日 20時29分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 TSMCとソニーセミコンダクタソリューションズ(SSS)は11月9日、半導体の製造受託サービスを提供する子会社Japan Advanced Semiconductor Manufacturing(JASM)を熊本県に設立し、SSSがJASMに少数株主として参画すると発表した。

 JASMは2022年に建設開始を予定し、2024年末までに生産開始を目指すとのこと。月間生産能力は4万5000枚(300mmウェーハ)となる見込みで、当初の設備投資額は約70億米ドル(約8000億円)を見込む。SSSは、約5億米ドル(約570億円)を資本金として出資し、20%未満の株式を取得する予定だ。

 ソニーセミコンダクタソリューションズ 社長兼CEOの清水照士氏は「世界的な半導体不足が続く中、今回のTSMCとのパートナーシップが、産業界全体のロジックウェーハの安定調達に寄与することを期待する。世界最先端の半導体生産技術を持つTSMCとのパートナーシップをより一層強め、深めていくことは、ソニーグループにとって大いに意義があるものと考えている」とコメントしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]