グーグル、電源アダプター式「Nest Cam」を発売--屋内用スマートカメラ

藤代格 (編集部)2021年11月10日 10時00分

 グーグルは11月10日、屋内用スマートカメラ「Google Nest Cam(屋内用/電源アダプター式)」を発表した。同日から「Googleストア」などで取り扱う。販売価格は1万2300円(税込)。

Google Nest Cam(屋内用/電源アダプター式)
Google Nest Cam(屋内用/電源アダプター式)

 Google Nest Camは、自宅を見守るスマートカメラ。米国を中心に2015年から展開している。日本では8月に屋内外で利用できるバッテリー式と、屋内での利用を想定した電源アダプター式の2種類を発表。バッテリー式は8月に発売済みだが、電源アダプター式は数カ月以内に発売するとアナウンスしていた。

 HDRやナイトビジョン、24時間連続稼働のライブビュー機能、機械学習機能などを備える。人や動物、車両などを検出可能で、カメラ越しに発生するイベント映像をカメラ本体で処理。正確かつタイムリーな通知が可能だ。

 3時間のアクティビティの動画履歴と、特定のエリアで何かが起きたときに通知する「アクティビティ エリア」機能を搭載。アクティビティ エリアは「Google Home」アプリから設定できるほか、Nest Camの操作や動画の確認、受け取る通知の選択などもアプリから設定できる。

 ローカルストレージへのバックアップ機能を備え、Wi-Fi接続が途切れても映像はカメラ側に記録され、接続復旧後にGoogle Homeアプリへとアップロードする仕組みだ。

 サブスクリプション サービス「Google Nest Aware」を別途契約すれば、30日間のアクティビティの動画履歴を利用可能。また、「Google Nest Aware Plus」を契約すれば、60日間のアクティビティの動画履歴のほか、過去10日間の連続録画が利用できる。

 サイズは、約高さ98.47mm×幅64.03mm×奥行き56.93mmで、ケーブル使用時の重さは393g。カメラは2メガピクセル、対角画角135度で、6倍のデジタルズームに対応する。アスペクト比は16:9で記録する。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]