ロシアYandex、歩道を自走するロボットで商品配達を試験へ--UAEで2022年より

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アラブ首長国連邦(UAE)ドバイのMajid Al Futtaim(MAF)とロシアのYandexは、歩道などを走行可能な小型の自走式ロボットを使い、UAEで商品配達サービスを試験する。両社が、試験サービス実施に向けた了解覚書(MOU)に署名したもの。

試験サービスに向け合意(出典:MAF)
試験サービスに向け合意(出典:MAF)

 Yandexは、大きさがスーツケースほどの自走式ロボット「Yandex.Rover」を開発し、配達サービスを以前から試験している。一方のMAFは、中東やアフリカ、中央アジアでショッピングモールやレジャー施設などを運営している企業。スーパーマーケット「Carrefour(カルフール)」も展開中。

 MOUに従いMAFは、オンライン販売するCarrefourの商品を、UAEの一部地域でYandexのロボットを使って試験的に配送する。この試験サービスは、2022年の早い時期に始める計画。

 配送に使うYandexのロボットは、歩道など人間の歩くエリアを最大時速8kmの速度で移動する。走行ルートは随時選択し、近づいてくる自動車や歩行者を認識して回避できる。MAFのCarrefour用アプリを使うと、ロボットがどこを走行しているか確認可能だ。

Yandexの配達用ロボット(出典:Yandex/YouTube)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]