グーグル、災害情報を見やすくデザイン変更--検索とマップで

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グーグルは11月8日、「Google検索」と「Googleマップ」を対象に、地震や台風発生時の災害情報を見やすくするデザイン変更を実施した。新デザインでは、検索画面では気象庁からのデータをもとにした災害情報を表示するほか、マップ上でも災害情報を重ねて表示する。

左が地震、右が台風発生時のイメージ
左が地震、右が台風発生時のイメージ

 同社は従来から災害情報を提供していたが、今回のデザイン変更でより詳細なデータを表示できるようになった。地震と台風に対応しており、検索画面では発生した地震の震度や台風の現況、進路予想などを視覚的にわかりやすく表示。影響を受ける地域や領域の情報のほか、Googleマップへのリンクも実装している。

 Googleマップでも同様に災害情報を提供する。こちらも震源地などの情報とともに、現在地の共有ボタンも備えている。

Googleマップでの地震発生時の画面イメージ。現在地の共有ボタンも備える
Googleマップでの地震発生時の画面イメージ。現在地の共有ボタンも備える

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]