自動運転のWaymo、密集地ニューヨークに進出--雪や雨の課題も

Sean Szymkowski (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2021年11月05日 11時07分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Alphabet傘下の自動運転技術企業Waymoがニューヨークにも進出する。同社は米国時間11月3日、車両の配備を4日から開始すると発表した。ソフトウェアがニューヨークの隅々まで把握できるように、人間の運転で市内の街路のマッピングを開始する。Waymoは米CNETの取材に対し、ニューヨークで自動運転車サービスを開始する「当面の計画はない」とした。

Waymoの自動車
提供:Waymo

 具体的には、セントラルパークの南からフィナンシャルディストリクトにかけて、住民や観光客は人間が運転するWaymoの車両を目にすることになる。当初路上を走るのは、特別仕様のミニバン「Chrysler Pacifica」5台だけだが、電気SUV「Jaguar I-PACE」を数台導入する計画もある。

 Waymoは、世界のどこにも似た場所のない街に挑戦することに胸を弾ませているとも述べた。ニューヨークは、何より米国で最も人口が密集した都市であり、天候の面でも新たな課題がある。大雨や大雪に見舞われることがよくあり、Waymoのソフトウェア「Waymo Driver」は、こうした気象条件について理解を深められる。また、エンジニアにとっては、極寒や大雨、大雪の中でセンサーなどの機器がどう機能するか確認できる機会となる。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]