位置情報ARゲーム「ハリー・ポッター:魔法同盟」が2022年1月31日でサービス終了

 スマートフォン向け位置情報ARゲーム「ハリー・ポッター:魔法同盟」が、2022年1月31日をもってサービス終了すると、同タイトルの公式サイトにて発表した。

 本作は、WB Games San FranciscoとNianticが共同開発したタイトル。「ハリー・ポッター」シリーズをテーマにしたAR活用の位置情報ゲームとして、国内では2019年7月にサービスを開始した。

 12月6日にApp Store、Google Play、Galaxy Storeから削除され、新規のインストールはできなくなる。また同日をもって、アプリ内購入の機能も停止するとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]