三菱電機、液晶テレビ事業を縮小--量販店向け出荷は9月に終了

加納恵 (編集部)2021年11月01日 13時37分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三菱電機は11月1日、市場環境やニーズの急激な変化にともない、液晶テレビ事業を縮小すると発表した。製品競争力の維持が困難な状況になったためとしている。家電量販店向けなどの製品出荷は9月に終了しており、地域家電店「三菱電機ストア」向けの出荷は2024年3月まで継続するが、以降の方向性は今後検討するとのことだ。

 今後は、液晶テレビ事業に係わる経営資源を三菱電機の重点成長事業である空調冷熱システム事業やそのほかの家庭電器事業などへシフトする計画。液晶テレビ事業を担当している京都製作所については、最適な組織への改編等を検討しているという。

 三菱電機では「REAL」ブランドとして液晶テレビを販売。HDDやBDレコーダー機能などを備えた録画テレビとして展開している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]